凡人、無能大学生の【大学受験・就活】

平凡や無能が、いかにして受験・就活を乗り切るのか。凡人代表が語ります。

【現役生】大学受験の賢い戦い方。4月からが勝負だ!

こんにちは、ボンジです。普段は浪人生に対しての記事が多いですが、今回は現役生、つまり高校3年生に対しての記事です。

高校生が現役で大学に合格するためにどうすべきかについて書いていきます。

自分が現役生だった時これをすればよかったということを書きます。高3でこれ読みたかったー。そしたら現役で絶対大学行けたと思える。現役生、先輩に学べ。失敗者に学べですよ。レッツ反面教師。それでは行きましょう。

 

 

1. 自分に勉強の才能がないと思ったら予備校に入る

これは、学校の勉強で伸びず、自学の才能がないと思う人限定です。

自分の勉強方法できちんと模試で成績が出せている方は入る必要はないかもしれません。(学校の定期テストで点数が取れても意味はありません。あれはただの暗記ゲームなので。と言いつつ僕は定期テストもダメダメでしたが。)

念には念を押すなら予備校に入るべきですが。予備校の授業の質はやはり学校の授業とはレベルが違います。予備校は受験ノウハウが凝縮されており先生たちは当然受験の為だけに教えています。学校の先生は学業のこと以外に部活の顧問やら学校行事やらで忙しいからね。だから予備校教師のノウハウを学んで、正しく勉強すれば成績は伸びます。そういう意味で、予備校に入るべきだと思います。

 

2. 勉強の軸を決める

 次に大切なことは、各教科の勉強の軸を決めましょう。

各教科、自分自身で自分自身にあった参考書や勉強法を考えましょう。まぁ当然っちゃ当然なんだけどね。自分独自っていうのがめちゃくちゃ大切なんだよね。他人の勉強はあくまでも他人にとって最適な勉強法であり性格も学力も違う人に当てはまる物ではないんだよね。予備校の授業などでしたらある程度誰にでも当てはまる勉強法を与えてくれますが、一人の受験生のやり方なんて正直ほとんど参考にならないですよ。

(私が語る勉強法は予備校で教わった勉強方法か、自分の経験を限界まで客観化した勉強法を発信しています。参考程度にしてください。一回失敗してるからこそ参考になるんですよ。失敗も成功も知ってるから。)

ですので、独自の勉強方法を探ってください。その勉強法もある程度続けないと結果が出ないので最初のうちは辛いですが、継続も大事にしてみてください。

勉強法を探れるのもこの時期だけですよ!!今が大事!浪人したくないなら特に!

今年浪人したら、新テストやら何やらで苦労するで!

 

3. 志望校をしっかり精査する

 

理系の方は学費なども考えて第一志望を国公立にするのは無難だと思います。しかし、文系のみなさんは志望校選びには注意です。

 

都立高校にはなぜか国公立を激推しする「国公立至上主義」の風潮があります。僕もやられましたねー。いやあのとき私立文系にしてれば、無駄にやってた数学の時間を英語と歴史にあてまくって成績も当然伸びただろうに。

 

じゃあなんで学校の先生は国公立大学を激推しするのでしょうか?

簡単に言うと教育委員会の方針です。国公立大学に現役でたくさん入れるとその高校は素晴らしいって教育委員会に箔をつけてもらえるんですよねー。腐ってますね笑

なので、あなたのことを考えて国公立大学を勧めてくれている訳ではありません。

文系大学の真実をお伝えします。もしあなたが就活を考えて大学に入るとしたら

炎上覚悟で言いますが、一橋大学以下の国公立大学に早慶以上の価値はありません。

東京で就職するとしたら旧帝国大学も早慶には敵いません。(先輩談)

じゃあなんであなたたちは国公立大学を目指すの?しっかりした理由言えますか?

その分野の勉強は都内の私立大学じゃできないんですか?たくさんの教科をこなしてまで入る大学なのですか?

 

少し口調が強くなってしまって申し訳ございません。私は毎年国公立大学を目指して本来ならMARCHに受かるレベルの子なのに、多くの教科を勉強して結局日東駒専レベルの大学に入る子を見てられないんです。

受験が終わった後に気づく人は多いですよ。「あれ、なんで俺必死こいて国公立目指してたんだろ?」と。そんなこと言って欲しくない。一橋大学以上に受かる自信のない子は三教科に集中して私立文系目指しましょう。かくいう僕も無能にかかわらず一橋大学を目指していた輩です。

そして、早慶MARCHをひとまず目指しましょう。絶対後悔しませんよ。

僕が現役時代に国公立志望にしていて後悔して、結局浪人では私立文系にしました。

あの時この事実に気づかせてくれる人がいたらなと何度思ったことか。

だから僕が伝えました。頭に残しておいてください。

 

4. まとめ

今回は現役生の受験生が4月にどうすべきかということについてお話しました。各教科については私はプロ講師ではないので言及は避けます。あ、でも英語と歴史くらいは言うかも。とにかく上記の1.2.3を自分自身でチェックして学習を進めていってください。

 

では、また。