凡人の【大学受験】

平凡や無能が、いかにして受験・就活を乗り切るのか。凡人代表が語ります。

そこまで教える!?TOEIC当日の過ごし方を完全解説。

こんにちはボンジです。

TOEIC初心者の方は、実際のテスト当日にどう過ごすか分からない、なんて方いらっしゃると思います。

そこで今回は、TOEIC当日の過ごし方を完全解説します。本当に全部書きます。
1分で読み終わるのでTOEIC当日の朝にサクッと読んでみてください。

 

1. 12:00に会場に着く

TOEICの受付は11:45~12:30です。早めに行き過ぎると、受付が開始されていなかったり、激混みだったりするので、12:00に着くのが無難でしょう。受付を済まして、自分の席にバッグを置きましょう。

 

2. 1回目のトイレに行く

私はトイレが近い人間です。TOEICは2時間に及んでテストを続けるので、トイレが近い人は限界まで尿を絞り出すようにしましょう。したがって、会場に着いて、バッグを置いたら1回目のトイレへ行くようにしましょう。女子大が会場だと、男子トイレが極端に少ないので要注意です。女子トイレが直前に混むのは言わずもがなです。

 

3. その日使う筆記用具等を出す

鉛筆2本、シャーペン1本、消しゴム2つがおすすめです。マークを塗りつぶすのは鉛筆が圧倒的に速いです。集中力が切れた時のために、目薬を出しておくのもいいと思います。ティッシュを出す場合は必ず入れ物や袋から出しましょう。


4. 受験カードを記入する

TOEICを受験するにあたり、受験カードに名前や受験番号などを記入する必要があります。こちらを「受験のしおり」を見ながら記入していきます。さっさと書き終えましょう。

5. スマホの電源を切る

スマホの電源を切るように、後でも促されますが、その時に切らなくて済むように今切っておきましょう。

6. 12:25まで寝る

TOEICの1番の敵は眠気と集中力不足です。眠くないだけで、スコアは大幅に変わります。ギリギリまで寝ましょう。
※12:30以降も寝ることが出来るので、どうしても勉強したい人はここでしておきましょう。直前の耳慣らしもこのタイミングです。

7. 2回目のトイレに行く

12:25くらいに起きて2回目のトイレに行きましょう。トイレに行く時に大きく伸びをするなどして疲労を軽減しておきましょう。尿を絞り出すだけ絞り出して、試験中にトイレに行きたくならないようにしましょう。水分補給もしましょうね。

8. 試験監督が説明を始める。

12:30になると、試験監督が試験に関する説明を始めます。受験カードの記入に不安がある人は必ず聞くようにして、それ以外の方は寝るようにしましょう。これ以降は単語帳などで勉強をすることもできませんし、試験教室を退出することもできません。

9. 本人確認があるまで寝続けましょう。

写真照合の本人確認まではすることはありません。寝続けて集中力を高めましょう。

10. 12:50には起きる

寝るのもここまでです。頭をシャキッとさせるために大きなあくびをしたり、ぼーっとしたりしてましょう。試験に向け集中力を高めましょう。

11. 試験開始

試験時間になったら問題のシールをはがして問題を解き始めましょう。最初はリスニングからです。

12. 試験を頑張る

ここは必死に頑張るしかないです。

13. 試験終了

お疲れさまでした。

14. 回答用紙が回収されたらペンをしまう。

回答用紙が回収されたら、鉛筆やシャープペンシルを筆箱にそそくさとしまい始めましょう。

15. 帰りの合図があったらスタートダッシュを切る。

試験終了後は大変混み合います。スタートダッシュを切って早く帰るか、のんびりして空くのを待ちましょう。

16. お疲れさまでした!

さて、これでTOEIC当日の過ごし方はおしまいです。これまで10回以上TOEICを受けた私が素人目線でこう過ごすのがベストだ、というのをお伝えしました。かなり実践的なのではなかったでしょうか。
ぜひ参考にしていただいていいスコアを残しましょう!