凡人の【大学受験】

平凡や無能が、いかにして受験・就活を乗り切るのか。凡人代表が語ります。

浪人生 8月の進捗確認【総合編】【現役MARCH落ち、一浪早慶】

こんにちは、ボンジです。夏真っ盛りで少し外を歩くだけでも汗だくになる季節になりましたね。こんな時期は朝の涼しいうちの予備校の自習室に駆け込んで、夜涼しくなるまでずっと自習するのが最高ですよ。

 

さて、浪人生の8月の進捗確認です。浪人を開始して5か月経ちましたが、心情の変化などはあるでしょうか。昨年の自分がどれほど愚かだったか感じる時期ではないでしょうか。そう感じることが出来ているのなら、成長できている証拠です。
さぁ、今月も一緒に頑張りましょう。

 

 

0. 生活習慣を1学期からキープできている(0点)

浪人生であるあなた達は、世間の高校生が夏休みだからといっても、生活習慣を変えることはありません。1学期と同じ時間に起き、同じように予備校に行き、同じような生活を続けてください。それが勉強習慣を乱さないための最強の方法であり、志望校への最短ルートです。世間が夏気分だからそれに浮ついて、大学に行った友達と花火に行ったり夏祭りに行ったり、そんなことする浪人生が毎年いますが、そんな時は思い出してください。
あなた達は浪人生です。無職です。18歳無職なんです。
厳しいことを言いますが、勉強する以外に何も価値がない人間です。
遊びに時間を使って余裕なんですか?余裕だったらいいと思いますが。
夏のムードはあなた達には関係ありません。今年の夏だけは、夏を感じずに勉強しましょうよ。そうすればきっと来年は最高の夏になります。息抜きくらいはいいけどね。

 

1. 夏のルーティンワークが順調だ(25点)

何度も言いますが、習慣こそ最強の味方です。
ルーティンワークこなせていますか?
ルーティンワークちゃんと作ってますか?
夏用のルーティンワーク作りましたか?
ルーティンワークを作ることで、教科間の勉強時間に差が出なくなります。夏終わってみると英語しかやってなかった、なんて言わないようにきちんとやりましょうよ。
特に国公立志望の方、アンバランスな勉強は致命傷になりますよ。
国公立というハイリスクな選択をしている分、責任もって取り組んでくださいね。
きちんとしたペースで勉強できることこそ、浪人生の強みなんですから。この強みを捨てるなんてことしないでくださいね。

まだ作ってないよ、なんで人は毎度のことだけどさっさと読んでね。

 

www.bonjin-bonji.com

 


2. 1学期の復習が終わった(25点)

8月も中盤ですね。1学期の授業が終わって、約1ヶ月が経過したところだと思います。
1学期の復習終わりましたか?でも、別に完璧にしろってことではありません。
一通り、自分が決めた中での復習は終わったかどうかってことです。
定着の作業(復習の繰り返し)は今後もずっと繰り返しやっていくことと思うので。

この件について補足で、復習について1つアドバイスをします。
「ここまでやったら復習の1週目終わり」、というところをきちんと自分の中で持っておくことが大切です。佐々木先生の授業で言ったら、ノートの清書まで。みたいな感じで。きちんと区切りをつけた学習しましょ。別に佐々木先生受講者じゃなくても、この区切りで復習が一段落だ、ということを実感してほしいので読んでみてね。

 

www.bonjin-bonji.com

 

 

3. 夏期講習の予習・復習が順調だ(25点)

夏期講習の真っ只中という人が多い(ほとんど終盤かな?)と思いますが、予習→授業→復習のサイクルは当然のようにこなせていますか?
代ゼミの授業は感動しますが、感動しっぱなしで終わっては意味がありません。
それじゃ信者止まりで、不合格まっしくぐらですよ。結局はそれを自分で出来るようにしないといけないのですから。試験本番に講師は隣にいないのですよ。講師が大好きで、授業が大好きで仕方ないって思ってる人は危険です。自分の武器にまでするために、復習をしっかりしましょう。

 

4.1日10時間以上勉強できている(25点)

春から徐々に勉強時間を増やしてきましたが、8月は「10時間」の大台に乗せましょう。夏の期間10時間の勉強をこなすことが出来たという自信は2学期以降のさらなる追い込みに繋がると思います。
それと、勉強時間には当然、電車などでの勉強時間も入れていいですよ。スキマ時間、まだまだ妥協してませんか?お風呂とかトイレとか通学とかの短時間も、塵も積もれば山となる、ですよ。1日15分でも、1ヶ月で7時間半の差になります。約1日分です。ほら、塵が積もって1日になりましたよ。この積み重ねは直前期に大きな差となります。試験直前をいつだって頭に思い浮かべてください。試験直前に、日本史を7時間勉強した人と、1分もできない人だと前者のほうが得点できるのは当たり前でしょ?この重要性を理解せずに妥協をする姿勢は絶対ダメです。

 

100点:完璧!!このまま頑張って!!

75点:悪くない!!100点を目指して!!

50点:少しピンチかも。

25点:気持ち入れ替えないとね

0点:ノーコメント!!

 

浪人生活5か月目に入って、実力の伸びは感じているでしょうか。
正直、実力の伸びは人によって時期や、伸び率が違うので言及してきませんでしたが、そろそろ実力の伸びを実感したいところです。具体的に言うと、授業の予習で手ごたえがある、という感覚が大事です。大学別の英語の講座をとっている人でしたら、最初は3割しか得点できなかったけど、今では6割とれるようになった、なんてのが望ましいです。どんなに努力しても、点数が伸びなければ不合格なのが受験です。来月あたりからは実力に関する指標も評価項目にするかもしれません。実力が伴うような努力を心掛けてください。いつだって私は応援してます。では、また。